エンコード

エンコード

Amatsukazeのバッチファイル実行機能の使い方

AmatsukazeはTSファイルの追加時、エンコード前、エンコード後にバッチファイルを実行できます。 バッチファイルの作成 Amatsukaze独自の変数やコマンドは以下のページを参考にしてください。 書いたら拡張子を....
エンコード

Amatsukazeでエンコード後にTSファイルを移動しない

「succeeded」フォルダか「failed」フォルダにTSファイルが移動しないようにする方法です。 バッチファイルの準備 以下を拡張子を.batにして保存して、Amatsukazeの「bat」フォルダに入れます。 @echo of...
エンコード

Amatsukazeで独自AviSynthフィルタを使う

設定画面から選択できるフィルタ以外を使用したい場合の設定方法です。 avsファイルの作成 設定画面から選択できるフィルタの設定を元に作成するのがおすすめです。 「プロファイル」タブでフィルタを設定したら「フィルタをテキストでコピー...
エンコード

Amatsukazeでエンコード後にTSファイルを自動削除

バッチファイルの準備 以下を「実行後_TS削除.bat」という名前で保存して、Amatsukazeの「bat」フォルダに入れます。 if %SUCCESS% equ 1 del "%IN_PATH%" プロファイルの設定 「プロファ...
エンコード

ffmpeg-windows-build-helpersの使い方

Windows用のFFmpegをビルドするためのスクリプトです。 Windows Subsystem for Linuxのインストール こちらの記事を参考にしてください。 Ubuntu 18.04 LTSで説明します。 ffmp...
エンコード

Amatsukazeを使うメリット

音声処理が完璧 音声は常に無劣化出力です。 デュアルモノは2つのモノラルAACに無劣化分離されます。 FAQによるとこの機能をサポートしているのはAmatsukazeだけのようです。 音声切替がある場合(2chと5.1chが...
エンコード

AmatsukazeでVCEEncを使う

裏技的ではありますが、使うことができます。 使い方 rigayaの日記兼メモ帳へ行き、右側の「VCEEnc + VCEEncC」をクリックしてダウンロードします。 VCEEncC\x64 にあるVCEEncC64.exeのパスを「...
エンコード

Amatsukazeで指定時間のエンコード

Trimファイルの作成 TrimはAviSynthのカットフィルタで、それを記述したファイルがTrimファイルです。 フレーム番号で指定します。 Trim(300,600) この場合、フレーム番号300~600が残ります。 ...
エンコード

Amatsukazeで手動CMカット

AviSynth+のインストール GitHubからAviSynthPlus-MT-r~-with-vc_redist.exeをダウンロードします。 インストールで特に変更するところはありません。 AvsPmodの導入 avsファ...
エンコード

AmatsukazeのCMカットの精度を上げる

適切なJLファイルの使用 JLファイルとは自動CMカットに使われているjoin_logo_scpのコマンドファイルのことです。 「JL」フォルダに入っています。 デフォルトでは「JL_標準.txt」が使われるようになっています...
タイトルとURLをコピーしました