Amatsukazeでエンコード後にTSファイルを自動削除

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンコード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

バッチファイルの準備

以下を「実行後_TS削除.bat」という名前で保存して、Amatsukazeの「bat」フォルダに入れます。

if %SUCCESS% equ 1 del "%IN_PATH%"

プロファイルの設定

「プロファイル」タブの「実行後バッチ」で「実行後_TS削除.bat」を選択します。

エンコード成功時のみ削除されます。

.err、.program.txtも削除

以下のバッチファイルを使用します。

if %SUCCESS% equ 1 del "%IN_PATH%" "%IN_PATH%.err" "%IN_PATH%.program.txt"

「プロファイル」タブの「関連ファイル(*.err,*.program.txtなど)も処理」にチェックが入っていない場合は削除されません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました