LSMASH+ts_parser+FAWバッチ

以下の作業を行うバッチファイルです。

  1. ts_parserでTSファイルからaacを分離
  2. aacをFakeAacWavで偽装wav化
  3. LWLibavVideoSourceとWAVSourceで読み込むavsファイルを作成

バッチファイル

拡張子を.batにして保存してください。

@echo off

rem プログラムのパス
set ts_parser="C:\Tools\ts_parser.exe"
set fawcl="C:\Tools\fawcl.exe"

rem ループ処理の開始
:loop
if "%~1" == "" goto end

rem ts_parserの開始
%ts_parser% --mode da --delay-type 3 "%~1"

rem fawclの開始
for %%i in ("%~dpn1*.aac") do %fawcl% -s2 "%%i"

rem avsファイルの作成
echo LWLibavVideoSource("%~1", repeat=true, dominance=0)> "%~dpn1.avs"
for %%j in ("%~dpn1*.wav") do echo AudioDub(last, WAVSource("%%j"))>> "%~dpn1.avs"

shift
goto loop
:end

使い方

ts_parser.exeとfawcl.exeのパスを指定してください。

TSファイルをバッチファイルにドラッグ&ドロップすると処理が始まります。
複数の場合は順番に処理されます。

出力先はTSファイルと同じフォルダです。

avsファイルは以下のような内容です。

LWLibavVideoSource("D:\ts\sample.ts", repeat=true, dominance=0)
AudioDub(last, WAVSource("D:\ts\sample.wav"))