tkntrec版EDCBの使い方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TS抜き

xtne6f版から派生したEDCBです。
EpgTimerの機能が豊富になっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビルド

ビルド方法はxtne6f版と変わらないので、こちらの記事を参考にしてください。

ソースはGitHubからダウンロードしてください。

EpgTimerの設定

EpgDataCap_Bonの設定まではxtne6f版と変わらないので、こちらの記事を参考にしてください。

EpgTimer.exeを起動して、「設定」をクリックします。

基本設定

基本

各BonDriverのチューナー数を指定します。

EPG取得

「EPG取得対象サービスのみ表示する」にチェックします。

「EPG取得開始時間」は時刻を選んで「追加」をクリックします。
予約がない時間を選びます。

ネットワーク

HTTPサーバ機能の設定ができます。

xtne6f版ではEpgTimerSrv.iniから設定しますが、tkntrec版では設定画面から設定できます。

動作設定

全般

「ツールチップに次の予約を表示する」にチェックします。

「スタートアップにショートカットを作成する」の「EpgTimerSrv」の「作成」をクリックします。

録画動作

「録画、EPG取得終了後のデフォルト動作」で「何もしない」を選びます。

「録画マージンのデフォルト」はお好みで。

「字幕を含める」はお好みで。

予約情報管理

「録画時のファイル名にPlugInを使用する」にチェックして、右にある「設定」をクリックします。

Readme_EpgTimer.txtとReadme_Mod.txtを参考に設定してください。

例えば以下のように設定します。

$SDYYYY$$SDMM$$SDDD$$STHH$$STMM$ $ZtoH(Title2)$ [$ZtoH(ServiceName)$].ts

201912271900 番組名 [局名].ts のようになります。

ボタン表示

「設定」「EPG取得」「終了」はあった方がいいと思います。

「予約情報検索」は予約などを検索できるダイアログです。

各画面の設定

番組表

表示項目

「カスタマイズ表示」を選んで「追加」をクリックします。

「タブ名」に「地デジ」と入力して「表示サービス」タブに移動します。

「サービス一覧」で「地デジ」タブを選んで、「映像のみ」をクリックします。
不要なサービスは削除します。

マルチ編成の放送局(NHK総合など)は、順番を逆にすると結合されて番組表がスッキリします。
並び替えたらOKをクリックします。

同じようにBSとCSも作ります。

録画済み一覧

「警告、エラー表示に次のPIDを使用しない」は映像と音声以外のドロップとスクランブル未解除を警告、エラー表示に使用しない設定です。

予約一覧・共通

基本

「右クリックメニューの設定」をクリックすると表示項目などを変更できます。

OKをクリックして設定画面を閉じます。

「終了」をクリックしてEpgTimerを終了します。

タスクトレイのEpgTimerSrvのアイコンを右クリックして「Srv終了」をクリックします。

EPG取得

EpgTimer.exeを起動して、「EPG取得」をクリックします。

終わったら「番組表」タブに移動して、ちゃんと表示されているか確認します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました