EDCB Material WebUIの使い方

マテリアルデザインのウェブ番組表です。
xtne6f版EDCBで動作します。

必要

EDCB Material WebUI

GitHubからダウンロードします。

解凍して「HttpPublic」フォルダをEpgTimerSrv.exeと同じフォルダに入れます。

EDCB-work-plus-s-bin.zip

GitHubからダウンロードします。

解凍してlua52.dllをEpgTimerSrv.exeと同じフォルダに入れます。

「Tools」フォルダにあるreadex.exeをEDCBの「Tools」フォルダに入れます。

FFmpeg

ダウンロードページへ行きます。

Versionは下の安定版を選びます。
ArchitectureはOSに合わせて選んでください。
LinkingはStaticを選びます。

それぞれ選んだら「Download Build」をクリックします。

解凍して「bin」フォルダにあるffmpeg.exeとffprobe.exeをEDCBの「Tools」フォルダに入れます。

EpgTimerSrv.iniの編集

[SET]の下に追記します。

EnableHttpSrv=1

EpgTimerSrv.exeを再起動します。

アクセス

http://localhost:5510/EMWUI/へアクセスします。

以下のようなページが表示されればOKです。

「番組表」などをクリックして、ちゃんと表示されるか確認します。

左上のアイコンをクリックすると設定などが行えます。

ライブラリ

録画保存フォルダが表示されます。

フォルダをクリックして、ファイルをクリックすれば再生されます。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 佐々木 より:

    いつも、ありがとうございます。大変 参考になります。
    質問ですがこのHPを参考に試作したものは旨く表示できたのですが、フォルダーを移動したり、同様に別フォルダーに作成したものでは {このサイトにアクセスできません
    localhost で接続が拒否されました。}となってしまい表示できません。
    最初に使用したもののみが優先的に許可されているような感じなのですが
    原因や対処方法などアドバイス頂けませんでしょうか?

    • thtsf より:

      EpgTimerSrv.iniの[SET]の下に以下を追記してください。

      HttpPublicFolder="HttpPublicフォルダのパス"
      • 佐々木 より:

        ありがとうございました。
        無事、解決 出来ました。
        原因は別のところでしたが、大きなヒントになりました。
        書くのが恥ずかしい初歩的なミスでした….w

        これからも楽しみに読ませて頂きます。