Amatsukazeでエンコードするバッチファイル

Amatsukazeの導入はこちらの記事を参考にしてください。

作成方法

EDCB用のバッチファイルを書き換えて使います。

「その他」タブで「プロファイル」と「出力先」を指定して「バッチファイル作成」をクリックして、適当な名前で保存します。

バッチファイルの中身は以下のようになっていると思います。

"AmatsukazeAddTask.exeのパス" -r "Amatsukazeのフォルダパス" -f "$FilePath$" -ip "localhost" -p 32768 -o "出力先フォルダのパス" -s "プロファイルの名前" --priority 3 --no-move

これの"$FilePath$""%~1"に書き換えます。

"AmatsukazeAddTask.exeのパス" -r "Amatsukazeのフォルダパス" -f "%~1" -ip "localhost" -p 32768 -o "出力先フォルダのパス" -s "プロファイルの名前" --priority 3 --no-move

あとはこのバッチファイルにTSファイルをドラッグ&ドロップすればエンコードが始まります。

複数入力に対応

複数のTSファイルをドラッグ&ドロップしても処理されるようにします。

上下にループ処理を書き加えます。

@echo off

:loop
if "%~1" == "" goto end

"AmatsukazeAddTask.exeのパス" -r "Amatsukazeのフォルダパス" -f "%~1" -ip "localhost" -p 32768 -o "出力先フォルダのパス" -s "プロファイルの名前" --priority 3 --no-move

shift
goto loop
:end

EDCBで録画後に複数のファイルをエンコード

「バッチファイルA」をこの記事のバッチファイル、「バッチファイルB」を作成するバッチファイルとします。

@echo off

:loop
if "%~1" == "" goto end

echo call "バッチファイルAのパス" "%~1">> "バッチファイルBのパス"

shift
goto loop
:end

このバッチファイルに複数のTSファイルをドラッグ&ドロップするとバッチファイルBが出力されます。

あとは予約登録画面で「録画後実行bat」にバッチファイルBを指定すれば、録画後に複数のファイルがエンコードされます。