AmatsukazeでTS全自動エンコード

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンコード

TSファイル専用の全自動エンコードソフトです。
非常に高機能で使いやすいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

対応環境

Windows 7以降 (64bit)

インストール

GitHubからAmatsukaze.7zをダウンロードします。

解凍して適当なフォルダに入れます。

使い方

Amatsukaze.vbsをダブルクリックします。

「キュー」タブにTSファイルをドラッグ&ドロップします。

「出力先フォルダ」を指定して「通常モード」か「テストモード」をクリックするとエンコードが始まります。

デフォルトだとインターレース保持でx264でエンコードされます。

QSVEnc、NVEncを使う

rigayaの日記兼メモ帳へ行き、右側の「QSVEnc + QSVEncC」か「NVEnc + NVEncC」をクリックしてダウンロードします。

QSVEncの場合は QSVEncC\x64 にあるQSVEncC64.exeのパスを、NVEncの場合は NVEncC\x64 にあるNVEncC64.exeのパスを「基本設定」タブで指定して「適用」をクリックします。

「プロファイル」タブの「エンコーダ」で選んで「適用」をクリックすれば使えるようになります。

チャプター・CM解析

CM位置にチャプターを打ったり、CMカットができます。

「プロファイル」タブの「チャプター・CM解析を無効にする」のチェックを外します。

「キュー」タブにTSファイルをドラッグ&ドロップします。

最初はロゴファイルがないのでエンコードが始まりません。

右クリックして「ロゴ生成」をクリックします。

ドラッグしてロゴを範囲選択します。

「ロゴスキャン開始」をクリックします。

「採用」をクリックするとエンコードが始まります。

デフォルトだとCM位置にチャプターが打たれて出力されます。

CMをカットする場合は「プロファイル」タブの「出力選択」で「CMをカット」にします。

ロゴ消ししなくていい場合は「プロファイル」タブの「ロゴ消ししない」にチェックを入れます。

フィルタ設定

「プロファイル」タブで「フィルタを設定」を選びます。

インターレース解除

「インターレース解除」にチェックを入れます。

「Yadif」が高速で使いやすいと思います。

「出力fps」は映画やアニメは「24fps」がおすすめです。

リサイズ

「リサイズ」にチェックを入れて、解像度を入力します。

EDCBで録画後にエンコード

「その他」タブで「プロファイル」と「出力先」を指定して「バッチファイル作成」をクリックします。

適当な名前で保存して、予約登録画面で「録画後実行bat」にバッチファイルを指定します。

プリセットの「変更」をクリックすれば、バッチファイルを毎回指定する手間が省けます。

その他

README.mdに詳しく書かれているので参考になると思います。

掲示板もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました