Amatsukazeで手動CMカット

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンコード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

AviSynth+のインストール

GitHubからAviSynthPlus-MT-r~-with-vc_redist.exeをダウンロードします。

インストールで特に変更するところはありません。

AvsPmodの導入

avsファイル専用のテキストエディタです。

プレビュー機能があるので、カット位置の確認に便利です。

こちらの記事を参考にしてください。

手動CMカット用プロファイルの作成

「プロファイル」タブの下の方にある「一時ファイルを削除せずに残す」にチェックを入れてプロファイルを新規作成します。

Trimファイルの作成

「キュー」タブにTSファイルをドラッグ&ドロップします。

手動CMカット用のプロファイルを選んで「他のモード」をクリックします。

「CM解析のみ」をクリックします。

終わったら一時フォルダを開きます。

一時フォルダは「基本設定」タブの「一時フォルダ」で設定している場所です。

「amt」から始まる名前のフォルダを開きます。

amts0.avsをAvsPmodで開きます。

F5を押すとプレビュー画面が出ます。

「マクロ」から「ファイルからブックマークをインポート」をクリックします。

jls0.txtを開きます。

CM位置にブックマークが打たれ、F2で移動できます。

カット編集はこちらの記事を参考にしてください。

Trim文をコピーして「TSファイル名.trim.avs」という名前で保存して、TSファイルと同じフォルダに置きます。

例えば sample.ts なら sample.ts.trim.avs という名前で保存します。

一時ファイルは不要なので「amt」フォルダごと削除してください。

あとは普通にTSファイルをエンコードすれば、TrimファイルのCM位置情報が使われるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました