AVS2AVIで可逆圧縮エンコード

エンコード

重量級フィルタをかける場合は、一旦可逆圧縮で出力して再編集すると便利です。

スポンサーリンク

必要

AVS2AVI

AviSynth.infoのアーカイブへ行き、一番下の「AviSynth 関連ソフトウェアのミラー」からavs2avi-140a.zipをダウンロードします。

解凍すると「Release」フォルダにavs2avi.exeがあります。

Ut Video Codec Suite

可逆圧縮コーデックです。
他にもありますが、対応コーデックが多いのでおすすめです。

或るプログラマの一生へ行き、[UtVideo] バージョン~の記事からバイナリをダウンロードして、インストールしてください。

バッチファイル

@echo off

rem avs2avi.exeのパス
set AVS2AVI="C:\Tools\avs2avi.exe"

rem ループ処理の開始
:loop
if "%~1" == "" goto end

rem AVS2AVIの開始
%AVS2AVI% "%~1" "%~dpn1.avi" -c ULH0

rem avsファイルの作成
echo AVISource("%~dpn1.avi", pixel_type="YV12")> "%~dpn1_avi.avs"
echo.>> "%~dpn1_avi.avs"
set /p<nul=return last>> "%~dpn1_avi.avs"

shift
goto loop
:end

使い方

テキストエディタに貼り付けて拡張子を.batにして保存してください。
avs2avi.exeのパスを指定してください。

avsファイルをバッチファイルにドラッグ&ドロップすると、aviとそれを読み込むavsファイルが出力されます。

avsファイルは入力ファイル名に「_avi」を付けて以下のように作成されます。

AVISource("D:\encode\sample.avi", pixel_type="YV12")

return last

pixel_typeはYV12がYV16で読み込まれてしまうので、指定しています。

内容を変えたい場合はこちらの記事を参考にしてください。

avsファイルが不要なら「avsファイルの作成」の4行を消してください。

設定

-cでFourCCを指定します。

ULH0は「YUV420 BT.709」です。
ULY0は「YUV420 BT.601」です。

それ以外はUt Video Codec SuiteのReadmeの「FourCC 一覧」を参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました