AviSynth用ロゴ解析

エンコード

AviSynthはYV12をそのまま読み込めますが、AviUtlはYUY2に変換しないと読み込めません。

さらに内部でYC48に変換されるので、そのままロゴ解析するとYC48のロゴファイルが出来上がります。

AviSynthで使うためにこれらの変換を回避してロゴ解析します。

スポンサーリンク

必要

YV12To422

YV12をYUY2に可逆変換するAviSynthのプラグインです。

GitHubからダウンロードします。

YV12To422.dllをAviSynthのpluginsフォルダに入れます。

4:2:0化フィルタ

YC48をYV12に戻すAviUtlのプラグインです。

AVIUTLプラグインからダウンロードします。

444_420_filter.aufをAviUtlのPluginsフォルダに入れます。

プロファイルの作成

設定箇所が多いので、ロゴ解析用のプロファイルを作っておくと便利です。

AviUtlを起動します。

「プロファイル」→「プロファイルの編集」→「新しいプロファイルを作る」をクリックします。

分かりやすい名前を入力して、Enterを押します。

AviUtlの設定

4:2:0化フィルタ

縦1、横1、プログレッシブをオフにします。

色変換の設定

入力と出力をともにBT.601にします。

フィルタの順序

4:2:0化フィルタを上にします。

フィルタ

4:2:0化フィルタとロゴ解析のみを有効にします。

avsファイルの書き方

以下のように書いてロゴ解析します。

MPEG2Source("D:\ts\sample.d2v")

YV12To422(itype=0, interlaced=true, cplace=0)

コメント

タイトルとURLをコピーしました