qaacの導入

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンコード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

必要

qaac

GitHubからqaac_~.zipをダウンロードします。

解凍して適当なフォルダに入れます。

iTunesのインストーラー

公式サイトの少し下の方にある「ほかのバージョンをお探しですか?」の「Windows」をクリックします。

「今すぐWindows用のiTunesをダウンロード(64ビット版)」をクリックします。

iTunes64Setup.exeがダウンロードされます。

7-Zip

公式サイトからダウンロードしてインストールします。

makeportable2.cmd

qaacのサイトの「makeportable」のリンクをクリックします。

表示されたページで右クリックして「名前を付けて保存」をクリックします。

拡張子を.cmdにして保存します。

dllの抽出

makeportable2.cmdにiTunes64Setup.exeをドラッグ&ドロップします。

コマンドプロンプトが起動し、処理が始まります。

終わるとコマンドプロンプトが終了します。

iTunes64Setup.exeと同じフォルダにある「QTfiles64」フォルダの中にある以下のファイルをqaac64.exeと同じフォルダに入れます。

ASL.dll
CoreAudioToolbox.dll
CoreFoundation.dll
icudt62.dll
libdispatch.dll
libicuin.dll
libicuuc.dll
objc.dll

動作確認

コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。

"qaac64.exeのパス" --formats

フォーマット一覧が表示されたら、動作確認完了です。

コメント

  1. nanashi より:

    現在この方法は使えないようです(展開してもAppleApplicationSupportインストーラーが出てこない)。
    何か他の方法はありませんか。

    • thtsf より:

      qaacのサイトの「makeportable」のリンクをクリックします。
      表示されたページで右クリックして「名前を付けて保存」をクリック、拡張子を.cmdにして保存します。
      makeportable2.cmdにインストーラーをドラッグ&ドロップすると「QTfiles64」というフォルダが作成され、その中に必要なファイルがあります。

      記事はそのうち書き換えます。

タイトルとURLをコピーしました