join_logo_scpでTSファイルを自動CMカット

エンコード

ロゴ表示区間の検出、無音検索、シーンチェンジ検索をしていて、非常に精度が高いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

必要

join_logo_scp_set

こちらからダウンロードします。

解凍するとzipファイルが4つありますが、「join_logo_scp試行環境_2.zip」のみ解凍すればいいです。

「logo」フォルダにロゴファイル(.lgd)を入れます。

join_logo_scpの最新版はこちらにあるので、join_logo_scp.exeを「bin」フォルダに上書きして、「JL」フォルダの中身を上書きしてください。

logoframeの最新版はこちらにあるので、logoframe.exeを「bin」フォルダに上書きしてください。

AviSynth

SourceForgeへ行き、「Download」をクリックしてダウンロードします。

インストールで特に変更するところはありません。

pluginsフォルダの場所は覚えておいてください。

64bitOSは C:\Program Files (x86)\AviSynth\plugins です。
32bitOSは C:\Program Files\AviSynth\plugins です。

L-SMASH Works

RePOPnからダウンロードします。

解凍して lwcolor.auc、lwdumper.auf、lwinput.aui、lwmuxer.auf をAviUtlのpluginsフォルダに入れます。

「AviSynth」フォルダにあるLSMASHSource.dllをAviSynthのpluginsフォルダに入れます。

使い方

jlse_bat.batにTSファイルをドラッグ&ドロップします。

コマンドプロンプトが起動して、処理が始まります。

終わるとコマンドプロンプトが終了します。

「result」フォルダに出力されます。

in_cutcm.avsがCMカット済みのavsファイルです。AviUtlにドラッグ&ドロップすれば読み込まれます。

in_cutcm_logo.avsはCMカット+ロゴ除去済みのavsファイルです。
delogo.dllが必要なので、GitHubからダウンロードしてAviSynthのpluginsフォルダに入れてください。

カット位置の確認

AviUtlとAviSynthではフレーム番号の数え方が違うので、AviUtlの設定で一致させます。

AviUtlを起動します。

「ファイル」→「環境設定」→「システムの設定」を開きます。

「フレーム番号の表示を1からにする」のチェックを外します。

OKをクリックして、AviUtlを再起動します。

in_org.avsをAviUtlにドラッグ&ドロップします。これはCMカット前の状態です。

続いてobs_cut.avsをテキストエディタで開きます。
内容は以下のような感じになっていると思います。

Trim(963,28384) ++ Trim(31083,49663) ++ Trim(52361,63209) ++ Trim(66807,76815) ++ Trim(80413,99862)

TrimはAviSynthのカットフィルタです。選択範囲を残します。
++は選択範囲の結合です。

この場合、フレーム番号963~28384と31083~49663と……を結合するという意味です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました