AviUtl

エンコード

AviUtlの導入

2013年で更新は止まっていますが、外部プラグインのL-SMASH Worksやx264guiExは開発が続いているので、現在でも非常に使える動画編集ソフトです。 導入 AviUtlのお部屋からaviutl100.zipをダウンロードし...
エンコード

AviUtlでロゴ解析

必要 ロゴ解析プラグイン rigayaの日記兼メモ帳の右側にある「透過性ロゴ」をクリックして、delogoSIMD_r~.zipをダウンロードします。 logoscan.aufをAviUtlのPluginsフォルダに入れます。 ...
エンコード

join_logo_scpのチャプターファイルでカット位置の確認

カット位置の移動が楽です。 join_logo_scpの導入はこちらの記事を参考にしてください。 チャプター編集プラグイン GitHubからダウンロードします。 chapter.aufをAviUtlのpluginsフォルダに...
エンコード

join_logo_scpでTSファイルを自動CMカット

ロゴ表示区間の検出、無音検索、シーンチェンジ検索をしていて、非常に精度が高いです。 必要 join_logo_scp_set こちらからダウンロードします。 解凍するとzipファイルが4つありますが、「join_logo_scp...
エンコード

AviSynth用ロゴ解析

AviSynthはYV12をそのまま読み込めますが、AviUtlはYUY2に変換しないと読み込めません。 さらに内部でYC48に変換されるので、そのままロゴ解析するとYC48のロゴファイルが出来上がります。 AviSynthで使...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました