join_logo_scpでFakeAacWavを使う

音声を無劣化で処理できます。

必要

ts_parser

TSファイルからaacを取り出すツールです。

OneDriveからMPEG-API_Utilsをダウンロードします。

「bin」フォルダにあるts_parser.exeをjoin_logo_scpの「bin」フォルダに入れます。

fawcl

FakeAacWavのコマンドライン版です。

Friio関係ファイル置き場からup1009.zipをダウンロードします。

fawcl.exeをjoin_logo_scpの「bin」フォルダに入れます。

FAWPreview

FAWを一時的にデコードして無音検索を正常に行えるようにするツールです。

こちらからFAWPreview20110212.zipをダウンロードします。

FAWPreview.aufとFAWPreview_faadlib2.dllをjoin_logo_scpの「bin」フォルダに入れます。

設定

join_logo_scpの「setting」フォルダにあるJLparam_set1.csvを開きます。

CSVファイルはExcelなどで開くと見やすいです。

use_intoolsの値を10にして上書き保存します。