AvsPmodの使い方

avsファイルの編集に特化したテキストエディタです。

色分け表示やプレビュー機能があり、スクリプトをサクサク書くことができます。

導入

Doom9からダウンロードします。

AviSynthは32bitソフトなのでx86-32をダウンロードします。
AviSynth+はx86-64も使えます。

解凍してAvsPmod.exeをダブルクリックします。

「Options」から「Program settings」をクリックします。

「Misc」タブに移動し、「Language」を「日本語」にしてOKをクリックします。

AvsPmodを再起動すると日本語化されます。

設定

「オプション」から「プログラム設定」をクリックします。

パス

「外部プレーヤー」はAviUtlやMPC-BEにしておくと編集中のスクリプトを再生できます。

ビデオ

「ビデオプレビュー時の最小テキスト行数」は多めにした方が便利ですが、その分プレビュー画面を圧迫するのでお好みで。

その他

「カスタムジャンプサイズ」はショートカットキーで移動する範囲です。

1フレーム、1秒、1分はすでにショートカットキーがあるので、それ以外で使いやすい範囲を決めるのがいいと思います。

10秒~15秒がおすすめです。

使い方

左下の▲をクリックするかF5を押すとプレビュー画面が出ます。

スライダウィンドウは手軽に設定を変更できるので便利です。

右端をクリックすれば隠すこともできます。

設定を変更した場合はプレビュー画面をクリックするかF5を押すと更新されます。

Ctrl + Sでスクリプトを保存できます。

スポンサーリンク

フォローする