AmatsukazeでVCEEncを使う

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンコード

裏技的ではありますが、使うことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

使い方

rigayaの日記兼メモ帳へ行き、右側の「VCEEnc + VCEEncC」をクリックしてダウンロードします。

VCEEncC\x64 にあるVCEEncC64.exeのパスを「基本設定」タブの「NVEncCパス」に指定します。

「プロファイル」タブの「エンコーダ」で「NVEnc」を選べば使えるようになります。

注意事項

インターレース保持はできません。

インターレース解除必須です。

コメント

  1. holly より:

    いつも為になる情報の提供ありがとうございます。
    AmatsukazeやBonDriverの導入の際には非常にお世話になりました。
    今回わからないことがありましたので質問させていただきます。
    記事でご紹介頂いたようにVCEEnc(5.04)を導入しました。
    エンコードは無事に終了するのですがGPU使用率が20%強程度を彷徨っており、あまり速度も出ません(15~20fps程度)。
    Aviutlからエンコードした際にはGPU使用率が100%に貼り付いており、アルゴリズムが異なるため単純比較は出来ないとはいえ100fps程度は出ていました。
    thtsf様の環境でも同様の傾向はございますでしょうか?
    もしよろしければご回答おねがいします。

    CPU:RYZEN1700
    GPU:RX570

    以下プロファイルのコピーです。

    プロファイル名: VCEEnc
    更新日時: 2019年10月11日 03:35:52
    エンコーダ: NVEnc
    エンコーダ追加オプション:
    JoinLogoScpコマンドファイル: チャンネル設定に従う
    JoinLogoScpオプション: チャンネル設定に従う
    chapter_exeオプション:
    MPEG2デコーダ: デフォルト
    H264デコーダ: デフォルト
    出力フォーマット: MP4
    出力選択: CMをカット
    SCRenameによるリネームを行う: No
    SCRename書式: $SCtitle$\$SCtitle$ $SCpart$第$SCnumber$話 「$SCsubtitle$」 ($SCservice$) [$SCdate$]
    ジャンルごとにフォルダ分け: No
    実行前バッチ: なし
    実行後バッチ:
    フィルタ-CUDAで処理: No
    フィルタ-インターレース解除: Yes
    フィルタ-インターレース解除方法: Yadif
    フィルタ-出力fps: 24fps
    フィルタ-デブロッキング: No
    フィルタ-リサイズ: No
    フィルタ-時間軸安定化: Yes
    フィルタ-バンディング低減: Yes
    フィルタ-エッジ強調: Yes
    2パス: No
    CMビットレート倍率: 0.5
    自動ビットレート指定: No
    自動ビットレート係数: 0:0:0
    ニコニコ実況コメントを有効にする: No
    ニコニコ実況コメントのエラーを無視する: No
    NicoJKログから優先的にコメントを取得する: No
    NicoJK18サーバからコメントを取得する: No
    コメント出力フォーマット: 1
    関連ファイル(*.err,*.program.txt)も処理: No
    字幕を無効にする: Yes
    マッピングにないDRCS外字は無視する: No
    ロゴ検出判定しきい値を低くする: No
    ロゴ検出に失敗しても処理を続行する: No
    ロゴ消ししない: No
    メインフォーマット以外は結合しない: No
    システムにインストールされているAviSynthプラグインを有効にする: No
    ネットワーク越しに転送する場合のハッシュチェックを無効にする: No
    ログファイルを出力先に生成しない: Yes
    一時ファイルを削除せずに残す: No
    PMT更新によるCM認識: なし
    ロゴ最長フェードフレーム数指定: なし
    スケジューリングリソース設定:
    0:0:0
    0:0:0
    0:0:0
    0:0:0
    0:0:0

    • thtsf より:

      フィルタ設定の「時間軸安定化」「バンディング低減」「エッジ強調」のチェックを外してください。
      これらのフィルタはCUDA(NVIDIAのGPUで利用できる)での処理が推奨されているためRadeon環境では処理が遅いです。

      • holly より:

        迅速なご対応ありがとうございます。
        ご指摘通りチェックを外すとGPUを上手く使ってくれるようになりました。

タイトルとURLをコピーしました