AviSynth+のインストール

エンコード

AviSynthの派生版です。
64bitとマルチスレッドに対応しており、非常に高速に動作します。

スポンサーリンク

インストール

GitHubからAviSynthPlus-MT-r~-with-vc_redist.exeをダウンロードします。

インストールで特に変更するところはありません。

pluginsフォルダの使い分け

pluginsフォルダは4つあります。

「64」の有無は32bitか64bitかの違いです。

「+」の有無はAviSynth+用に書かれているかそうでないかです。
プラグインの動作環境にAviSynth+が書かれていれば、「+」に入れればいいと思います。

AviSynth+用プラグインの導入

delogo.dll

ロゴ除去プラグインです。
AviSynth.infoのアーカイブからdelogo_avs+.zipをダウンロードします。

x64フォルダの中身をplugins64+フォルダへ、x86_ICCフォルダの中身をplugins+フォルダへ入れます。

MPEG2DecPlus

DGDecode.dllのAviSynth+版です。

Ch’s barnへ行き、右側の「制作物とか」の「MPEG2DecPlus binary」をクリックします。

「binary」をクリックしてダウンロードします。

MPEG2DecPlus.dllをplugins+フォルダへ、MPEG2DecPlus64.dllをplugins64+フォルダへ入れます。

マルチスレッド

MTモードの指定

フィルタごとにMTモードを指定します。
MTモードは1~4まであります。

SetFilterMTMode("フィルタ名", 3)

このように書きます。

フィルタごとに最適なMTモードがあります。

AviSynth wikiの「AviSynth+ MT modes」をクリックするとまとめられています。

ちなみに1~4にはそれぞれ別名があります。

1(MT_NICE_FILTER)
2(MT_MULTI_INSTANCE)
3(MT_SERIALIZED)
4(MT_SPECIAL_MT)

記述はどちらでも構いません。

SetFilterMTMode("フィルタ名", MT_SERIALIZED)

これは先ほどと同じ意味です。

ソースフィルタ(LWLibavVideoSource、MPEG2Sourceなど)はr2069から自動的に3が使われるようになったので、指定する必要はありません。

リリースが比較的新しいプラグインは自動登録されるものが多いので、そういう場合も不要です。
プラグインのreadmeなどに書いてあります。

DEFAULT_MT_MODEはMTモードを指定していないすべてのフィルタに影響するので、最初に書きます。
Chikuzen氏が3(MT_SERIALIZED)を推奨しているので、3が無難だと思います。

SetFilterMTMode("DEFAULT_MT_MODE", MT_SERIALIZED)

MTモードを書いたら、拡張子をavsiにして保存します。
それをavsファイル内でインポートして使います。

# MTモードの読み込み
Import("C:\AviSynth\MT.avsi")

src = "D:\ts\sample.ts"
LWLibavVideoSource(src)
AudioDub(last, LWLibavAudioSource(src, av_sync=true))

return last

MTの有効化

avsファイルの最後にPrefetch(X)を書きます。
XにはCPUのスレッド数を書きます。

半分ぐらいが丁度いいようです。(4コア8スレッドなら4など)

return lastの前に書きます。

# MTモードの読み込み
Import("C:\AviSynth\MT.avsi")

src = "D:\ts\sample.ts"
LWLibavVideoSource(src)
AudioDub(last, LWLibavAudioSource(src, av_sync=true))

# MTの有効化
Prefetch(4)
return last

コメント

タイトルとURLをコピーしました