ロゴ除去

エンコード

AmatsukazeでTS全自動エンコード

TSファイル専用の全自動エンコードソフトです。 非常に高機能で使いやすいです。 対応環境 Windows 7以降 (64bit) インストール GitHubからAmatsukaze.7zをダウンロードします。 解凍して適当な...
エンコード

join_logo_scpのロゴ除去の精度を上げる

join_logo_scp_setの中にあるlogoframe_~.zipかlogoframeの最新版が必要です。 ロゴ個別のパラメータ設定 ロゴごとに適切なフェード数を指定することで、ロゴがフェードしている部分が上手く消えるようになり...
エンコード

AviSynthでロゴ除去

プラグインの導入 通常のAviSynth GitHubからダウンロードします。 delogo.dllをpluginsフォルダに入れます。 AviSynth+ AviSynth.infoのアーカイブからdelogo_avs+.z...
エンコード

AviSynthでTSファイルをエンコード

自動CMカットなどは行わず、安定性重視です。 AviSynth+のインストール AviSynthの派生版です。 64bitとマルチスレッドに対応しており、非常に高速に動作します。 DGIndexでd2vとaacに分離 DG...
エンコード

AviUtlでロゴ解析

必要 ロゴ解析プラグイン rigayaの日記兼メモ帳の右側にある「透過性ロゴ」をクリックして、delogoSIMD_r~.zipをダウンロードします。 logoscan.aufをAviUtlのPluginsフォルダに入れます。 ...
エンコード

AviSynth+のインストール

AviSynthの派生版です。 64bitとマルチスレッドに対応しており、非常に高速に動作します。 インストール GitHubからAviSynthPlus-MT-r~-with-vc_redist.exeをダウンロードします。 ...
エンコード

join_logo_scpのチャプターファイルでカット位置の確認

カット位置の移動が楽です。 join_logo_scpの導入はこちらの記事を参考にしてください。 チャプター編集プラグイン GitHubからダウンロードします。 chapter.aufをAviUtlのpluginsフォルダに...
エンコード

join_logo_scpでTSファイルを自動CMカット

ロゴ表示区間の検出、無音検索、シーンチェンジ検索をしていて、非常に精度が高いです。 必要 join_logo_scp_set こちらからダウンロードします。 解凍するとzipファイルが4つありますが、「join_logo_scp...
エンコード

片フィールドロゴ除去補助関数

トップ(ボトム)フィールドにのみ出ているロゴを除去します。 スクリプト function FieldShift( clip clip, bool plusShift ) { clip = clip.AssumeTFF().S...
エンコード

AviSynth用ロゴ解析

AviSynthはYV12をそのまま読み込めますが、AviUtlはYUY2に変換しないと読み込めません。 さらに内部でYC48に変換されるので、そのままロゴ解析するとYC48のロゴファイルが出来上がります。 AviSynthで使...
エンコード

AviSynthでロゴファイルを自動選択する

動画ファイルのパスに含まれる局名を探してロゴファイルを自動選択します。 スクリプト src = "D:\ts\sample.ts" LWLibavVideoSource(src) AudioDub(last, LWLibavAudi...
タイトルとURLをコピーしました