Amatsukazeを使うメリット

エンコード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

音声処理が完璧

音声は常に無劣化出力です。

デュアルモノは2つのモノラルAACに無劣化分離されます。
FAQによるとこの機能をサポートしているのはAmatsukazeだけのようです。

音声切替がある場合(2chと5.1chが混在しているなど)は分割して出力されます。

ロゴ解析ができる

ロゴ除去するにはロゴ解析する必要があります。

普通はAviUtlでロゴ解析してロゴファイルを作成、それをロゴ除去プラグインで使用しますが、Amatsukazeは解析と除去の両方ができます。

Amatsukazeはロゴあり区間を自動認識して解析できるので、AviUtlのようにロゴなし区間をカットする必要がありません。

自動CMカットの精度が高い

自動CMカットに使われているのはjoin_logo_scpです。

ロゴ表示区間の検出、無音検索、シーンチェンジ検索をしていて、非常に精度が高いです。

TSのPMT更新を利用することもでき、番組の前後のCMを確実にカットしてくれます。

複数話構成の番組を各話で分割することもできます。

AmatsukazeのCMカットの精度を上げる
適切なJLファイルの使用 JLファイルとは自動CMカットに使われているjoin_logo_scpのコマンドファイルのことです。 「JL」フォルダに入っています。 デフォルトでは「JL_標準.txt」が使われるようになっています...

CMのビットレートだけ下げられる

自動CMカットは完璧ではありません。

エンコードするファイル数が少なければ毎回チェックすればいいですが、多いと大変です。

AmatsukazeはCMを残す設定があり、この場合はCM位置にチャプターが打たれます。
そのためMPC-BEならPageDownですぐに飛ばせます。

CMを残す場合に問題になるのはファイルサイズです。
CMはビットレートを食うので、普通にエンコードするとファイルサイズがかなり大きくなってしまいます。

Amatsukazeには「CMビットレート倍率」という設定があり、CMのビットレートだけを下げることができます。

そのためCMを残してもそこまでファイルサイズは大きくなりません。

CUDAを利用したフィルタ処理

NVIDIAのGPUならCUDAを利用した高速なフィルタ処理ができます。

インターレース解除フィルタのQTGMCは高品質ですが、非常に重いです。
しかしCUDAを利用すれば非常に高速に処理できます。
README.mdによるとGTX1060でフルHDが110fpsくらい出るそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました