EDCBで録画後にFFmpegでエンコード

FFmpegの入手

ダウンロードページへ行きます。

Versionは下の安定版を選びます。
ArchitectureはOSに合わせて選んでください。
LinkingはStaticを選びます。

それぞれ選んだら「Download Build」をクリックします。

解凍して「bin」フォルダにあるffmpeg.exeをEpgTimer.exeと同じフォルダに入れます。

バッチファイル

拡張子を.batにして保存して、EpgTimer.exeと同じフォルダに入れます。

ffmpeg.exe -i "$FilePath$" -vf bwdif=1 -c:v libx264 -preset medium -crf 23 -c:a copy -bsf:a aac_adtstoasc "$FolderPath$\$FileName$.mp4"

使い方

予約登録画面で「録画後実行bat」にバッチファイルを指定します。

出力先はTSファイルと同じフォルダです。

プリセットに設定

バッチファイルを毎回指定する手間が省けます。

予約登録画面で「録画後実行bat」を指定して「変更」をクリックします。

「変更」をクリックします。

マージンの指定

指定したマージン以上録画予定がないときにバッチファイルを実行します。

xtne6f版EDCBで追加された拡張命令を使います。

バッチファイルの最初に書きます。

rem _EDCBX_BATMARGIN_=10

単位は分なので、この場合10分以上録画予定がないときに実行されます。

エンコード設定の解説

-vf bwdif=1

インターレース解除です。
1で60fps出力、0で30fps出力です。

-c:v libx264

エンコーダーの指定です。
libx265にすると遅くなりますが、高圧縮になります。

-preset medium

画質と速度のバランスです。10種類あります。

ultrafast
superfast
veryfast
faster
fast
medium
slow
slower
veryslow
placebo

上に行くほど低画質で高速に、下に行くほど高画質で低速になります。
デフォルトはmediumです。

-crf 23

画質と圧縮率のバランスです。範囲は0~51です。
値が小さいほど高画質で低圧縮に、大きいほど低画質で高圧縮になります。

libx264のデフォルトは23です。
libx265のデフォルトは28です。

-c:a copy -bsf:a aac_adtstoasc

音声はファイルサイズが小さいので、コピーしています。

カスタマイズ

逆テレシネ

映画やアニメにおすすめです。
インターレース解除の部分を書き換えます。

-vf pullup -r 24000/1001

リサイズ

-s 1280x720

1280×720にリサイズされます。

TSファイルを削除

バッチファイルの最後に書きます。

del "$FilePath$"

完全に削除されるので、注意してください。