TIVTCでVFRエンコード

24fpsと30fpsが混在しているソースに効果的です。
2パス処理をします。

必要

TIVTC

GitHubからダウンロードします。

TIVTC.dllをAviSynthのpluginsフォルダに入れます。

avs2pipemod

1パス目はエンコードする必要がないので、ベンチマークモードで高速処理します。

GitHubからダウンロードします。

1パス目

avsファイルに以下のように書きます。

TFM(output="matches.txt")
TDecimate(mode=4, output="metrics.txt")

次に以下のバッチファイルを拡張子.batにして保存します。

"avs2pipemod.exeのパス" -benchmark %1

avs2pipemod.exeのパスを指定してください。

バッチファイルにavsファイルをドラッグ&ドロップします。

処理が終わるとavsファイルと同じフォルダにmatches.txtとmetrics.txtが出力されます。

2パス目

1パス目で書いた部分は削除するかコメントアウトしてください。

avsファイルに以下のように書きます。

TFM(input="matches.txt")
TDecimate(mode=5, hybrid=2, vfrDec=1, input="metrics.txt", tfmIn="matches.txt", mkvOut="timecodes.txt")

最後にこのavsファイルをx264でエンコードします。

–tcfile-inでtimecodes.txtを指定します。
–timebaseで1001/360000を指定します。

"x264.exeのパス" --tcfile-in "timecodes.txtのパス" --timebase 1001/360000 -o "出力ファイルのパス" "avsファイルのパス"