MPC-BEでFluid Motionを使う

Fluid Motionは24pや30pの動画を60pに補間できる技術です。

Bluesky Frame Rate Converterというフィルタで手軽に使うことができます。

インストール

公式サイトの下の方にあるBlueskyFRC_~_Setupをダウンロードします。

インストールで特に変更するところはありません。

Radeon 設定

「ビデオ」で「カスタム」を選んで「AMD Fluid Motion Video」をオンにします。

MPC-BEの設定

外部フィルター

「フィルターの追加」から「Bluesky Frame Rate Converter」を追加して「優先する」にします。

確認

動画再生中にCtrl + Jを押します。

madVRでは以下のように

EVRカスタムでは以下のように補間されているのがわかります。

Bluesky Frame Rate Converterの設定

スタートメニューから「Bluesky Frame Rate Converter」をクリックします。

デバイス

GPU

使用するGPUを選びます。

AFMモード

フレームの生成パターンが変わります。

通常は「自動」でいいと思いますが、「レート変換」がグレーアウトしていたり補間フレームが出力されない場合は「モード1」か「モード2」に設定します。

ビデオ品質フィルタを有効にする

Radeon 設定の品質フィルタが適用されるようになります。

EVRを使用していてZero-Copyモード無効だとBlueskyFRCとEVRで同じ処理が二度適用されることになります。

レート変換

24p

24pから60pへの変換が可能になります。

30p

30pから60pへの変換が可能になります。

接続時のレートチェックをスキップする

24pまたは30pの動画でBlueskyFRCが使われていない場合はチェックを入れます。

パフォーマンス

DXVAデコーダのサポートを有効にする

BlueskyFRCのパフォーマンスが向上します。

LAV Video Decoderを使用している場合は「Hardware Decoder to use」を「DXVA2 (native)」にします。

Zero-Copyモードを有効にする

パフォーマンスが向上します。

動作には以下の条件があります。

  • ビデオレンダラーにEVRかmadVRを使用していること
  • ビデオレンダラーとBlueskyFRCが同じGPUを使用していること

これらの条件が満たされなかった場合はBlueskyFRC自体が使用されなくなります。

スポンサーリンク

フォローする