TIVTCで逆テレシネ

AviSynthの自動逆テレシネプラグインです。

導入

GitHubからダウンロードします。

TIVTC.dllをAviSynthのpluginsフォルダに入れます。

AviSynth+の場合はplugins+フォルダとplugins64+フォルダへ入れます。

MTモードは自動登録されます。

書き方

アニメ用の設定です。

TFM(order=1, mode=6, PP=7, slow=2)
TDecimate(mode=1)

解説

TFM

テレシネ映像からプログレッシブフレームを復元するフィールドマッチングフィルタです。

order

フィールドオーダーの設定です。

-1で自動、0でBFF、1でTFFです。

デフォルトは-1です。

mode

フィールドマッチングの方法を選びます。

0~7まであります。

デフォルトは1です。

PP

フィールドマッチング後に残った縞の処理方法を選びます。

0と1はインターレース解除されません。

2~7はインターレース解除方法の違いです。

デフォルトは6です。

slow

フィールドマッチングの正確さを設定します。

0は最も速いですが最も不正確です。
2は最も遅いですが最も正確です。
1は0と2の中間です。

デフォルトは1です。

TDecimate

重複フレームを削除するフィルタです。

mode

フレームの削除方法を選びます。

0は最も似たフレームを削除します。

1は0に似ていますが、アニメなど重複フレームが多い素材に向いています。

2~7はVFR出力などで使うものなので、気にしなくていいです。

デフォルトは0です。

関数

TIVTC24P2

フィールドマッチング後に残った縞をTDeintとnnedi3で処理します。

以下のスクリプトを拡張子を.avsiにしてpluginsフォルダに入れます。

function TIVTC24P2(clip clip){
Deinted=clip.TDeint(order=-1,field=-1,edeint=clip.nnedi3(field=-1))
clip = clip.TFM(mode=6,order=-1,PP=7,slow=2,mChroma=true,clip2=Deinted)
clip = clip.TDecimate(mode=1)
return clip
}

avsファイルに以下のように書きます。

TIVTC24P2()

TIVTC24P2_QTGMC

フィールドマッチング後に残った縞をQTGMCで処理します。

以下のスクリプトを拡張子を.avsiにしてpluginsフォルダに入れます。

function TIVTC24P2_QTGMC(clip clip){
Deinted=clip.QTGMC(Preset="Fast").SelectEven()
clip = clip.TFM(mode=6, PP=7, slow=2, clip2=Deinted)
clip = clip.TDecimate(mode=1)
return clip
}

avsファイルに以下のように書きます。

TIVTC24P2_QTGMC()