PX-W3PE4でTS抜き

地デジx2、BS/CSx2を録画できるTVチューナーです。

取り付け

マザーボードのPCI Express端子に取り付けて、付属のUSBケーブルで本体とマザーボードをつなぎます。

ドライバのインストール

PLEXのサイトからダウンロードします。

付属のPX-W3PE4_Driver_Manual.pdfを参考にインストールしてください。

BonDriverの準備

http://up.mapopi.com/?get=00371をダウンロードします。

「RegisterFilters」フォルダをCドライブに入れます。

コマンドプロンプトを管理者権限で起動して、以下のコマンドを実行します。

cd C:\RegisterFilters
RegFilter.bat

「succeeded」と出たらインストール完了です。

「Bondrivers」フォルダにある拡張子が.dllと.iniのファイルをTVTestやEDCBで使用してください。

.scardファイルは内蔵カードリーダーを使用する場合に必要です。
外付けカードリーダーを使用する場合は不要です。

LNB給電

PX-W3PE V2.0はドライバ付属の.regファイルでできたのですが、PX-W3PE4にはありません。

PLEXのLNB電源供給用ACアダプタが使えるかもしれません。

radi-sh版BonDriverだとできます。
こちらの記事で紹介しています。

TVTestで視聴

※TVTest0.9.0で説明しています。

TVTest.exeと同じフォルダにBonDriverを入れます。

TVTest.exeを起動します。

「MPEG-2デコーダ」で「Jacky Mpeg2 Video Decorder」を選びます。
視聴できたら他のデコーダに変えて構いません。

「録画ファイルの保存先フォルダ」を指定します。

あとはこちらの記事を参考に設定してください。

最後に

PX-W3PE V2.0環境に追加するので、分配器を使用しました。

信号レベルの低下が心配だったのですが、むしろBS/CSは上がっており、元々の信号が強すぎたようです。

PLEXチューナーのレビューを見ていると、アッテネーターを使用したら改善したというのをちらほら見かけるので、上手く受信できない方は試してみるといいかもしれません。

スポンサーリンク

フォローする