TVTest0.10.0をVS2019でビルドする

VS2019のインストール

こちらの記事を参考にしてください。

ビルド

GitHubからTVTestのソースをダウンロードします。

GitHubからLibISDBのソースをダウンロードします。

それぞれ解凍して TVTest-develop\src\LibISDB に「LibISDB-master」フォルダの中身を入れます。

TVTest-develop\src\LibISDB\Projects\LibISDB.sln をダブルクリックします。

「ソリューション操作の再ターゲット」が出るので、そのままOKをクリックします。

失敗が0なら問題ありません。

「Debug」を「Release」にして、「x86」にします。

「ビルド」から「ソリューションのビルド」をクリックします。

失敗が0ならビルド完了です。

TVTest-develop\src\TVTest_All.sln をダブルクリックします。

「ソリューション操作の再ターゲット」をします。
「Debug」を「Release」に変えます。
「ビルド」から「ソリューションのビルド」をクリックします。

失敗が0ならビルド完了です。

TVTest-develop\src\Win32\Release にあるTVTest.exeとTVTest_Image.dllが必要なファイルです。
適当なフォルダに入れてください。

プラグインのビルド

TVTest-develop\sdk\Samples\Samples.VS2013.sln をダブルクリックします。

「ソリューション操作の再ターゲット」をします。
「Debug」を「Release」に変えます。
「ビルド」から「ソリューションのビルド」をクリックします。

失敗が0ならビルド完了です。

TVTest.exeと同じフォルダに「Plugins」フォルダを作ります。

その中に TVTest-develop\sdk\Samples\Win32\Release にある拡張子.tvtpとHDUSRemocon_KeyHook.dllを入れます。
「sdk」フォルダのTVTestSDK.txtも入れます。

CasProcessor.tvtpのビルド

GitHubからソースをダウンロードします。

解凍してCasProcessor.slnをダブルクリックします。

「ソリューション操作の再ターゲット」をします。
「Debug」を「Release」に変えます。
「ビルド」から「ソリューションのビルド」をクリックします。

失敗が0ならビルド完了です。

Win32\Release にあるCasProcessor.tvtpを「Plugins」フォルダに入れます。

B25.tvcasのビルド

GitHubからソースをダウンロードします。

解凍してTvCas.slnをダブルクリックします。

「ソリューション操作の再ターゲット」をします。
「Debug」を「Release」にして、「x86」にします。
「ビルド」から「ソリューションのビルド」をクリックします。

失敗が0ならビルド完了です。

Win32\Release にあるB25.tvcasをTVTest.exeと同じフォルダに入れます。

その他のファイルの配置

TVTest-develop\data の中身をTVTest.exeと同じフォルダに入れます。
「Data_x64」フォルダは入れなくていいです。

TVTest-develop\doc の中身をTVTest.exeと同じフォルダに入れます。

ファイル構成

ここまで終えると以下のようになります。

「TVTest」フォルダ

「Plugins」フォルダ

「Themes」フォルダ

あとは設定していくだけです。

設定はこちらの記事を参考にしてください。