TVTest0.9.0の設定

ビルド方法はこちらの記事を参考にしてください。

BonDriverの配置

TVTest.exeと同じフォルダにBonDriverを入れます。

MPEG-2デコーダの入手

TVTestで再生するにはMPEG-2デコーダが必要です。

TVTest DTV Video Decoderがインストール不要で使えるので、おすすめです。
GitHubからTVTestVideoDecoder_~_bin.zipをダウンロードします。

解凍してTVTestVideoDecoder.axをTVTest.exeと同じフォルダに入れます。
TVTestVideoDecoder.txtも入れます。

初期設定

TVTest.exeを起動します。

「MPEG-2デコーダ」でTVTest DTV Video Decoderを選びます。

「録画ファイルの保存先フォルダ」を指定します。

設定したらOKをクリックします。

チャンネルスキャンの確認画面が出るので、「はい」をクリックします。

チャンネルスキャン

「対象チューニング空間」を「BS」にして「スキャン開始」をクリックします。

スキャンが終わったら、「対象チューニング空間」を「CS110」にして「スキャン開始」をクリックします。

スキャンが終わったら、OKをクリックします。
他のBonDriverにも反映させるか聞かれるので、「はい」をクリックします。

左下をクリックして地デジのBonDriverを選択します。

画面上で右クリックして、「設定」をクリックします。

「対象チューニング空間」で「UHF」か「CATV」か受信環境を選んでください。
「スキャン開始」をクリックします。

スキャンが終わったら、OKをクリックします。
他のBonDriverにも反映させるか聞かれるので、「はい」をクリックします。

設定

画面上で右クリックして、「設定」をクリックします。

ステータスバー

TVTestの一番下に表示される項目を選ぶことができます。
「番組情報」はあると便利です。

右端をドラッグすると長さを変えることができます。

録画

「ファイル名」は右端の「▼」をクリックして、設定します。

「現在のサービスのみ保存する」にチェックします。

「字幕データを保存する」と「データ放送を保存する」はお好みで。

EPG/番組情報

EDCBを使っている場合は「EPG情報をファイルに保存する」のチェックを外して、「EpgDataCap_BonのEPGデータを利用する」にチェックして、EDCBの Setting\EpgData を指定します。

これによりTVTestでEPG取得する必要がなくなります。

設定が終わったらOKをクリックして、TVTestを終了してください。

視聴方法

TVTest.exeを起動します。

左下をクリックして、「チャンネル選択画面」をクリックします。

左からBonDriverを選んで、チャンネルをクリックします。

TVTest DTV Video Decoderの設定

画面上で右クリックして、「フィルタのプロパティ」から「映像デコーダ」をクリックします。

画像のように設定すると、ハードウェアでデコードとインターレース解除を行うので、CPUの負荷が軽減されます。

ロゴの取得

地デジは各チャンネルにすれば取得できます。

BS/CSはNHKBS1にすればすべて取得できます。

取得には時間がかかる場合があります。

画面上で右クリックして、「プラグイン」から「局ロゴの一覧」をクリックすると、取得できたロゴが表示されます。

スポンサーリンク

フォローする