DD Max M4のメリット・デメリット

TS抜き

地デジ/BS/CS/スカパープレミアムx4を録画できるTVチューナーです。

4x multi-band tuner TV Card - DD Max M4
Digital Devices Max M4 Multituner TV Card - the all-rounder for satellite, cable or terrestrial reception A 4-fold multi-band tuner HD TV Card / Tuner Card for ...

1か月ほど使用してみて感じたメリット・デメリットをまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メリット

対応規格が豊富

以下の規格に対応しています。

  • DVB-S(衛星チューナー)
  • DVB-S2(衛星チューナー)
  • ISDB-S(衛星チューナー)
  • DVB-C(ケーブルチューナー)
  • DVB-C2(ケーブルチューナー)
  • ISDB-C(ケーブルチューナー)
  • J.83(ケーブルチューナー)
  • DVB-T(地上波チューナー)
  • DVB-T2(地上波チューナー)
  • ISDB-T(地上波チューナー)

つまり日本のTV放送ではBS/CSの4K8K(ISDB-S3)以外のすべてが受信できます。

4チューナーは組み合わせ自由

それぞれのチューナーは地デジ用、BS/CS用などの区別がされていないので、地デジx4やBS/CSx4などの使い方ができます。

チューナー不足になりづらいのが大きいです。

安定している

地デジ/BS/CSx4で1か月ほど運用していますが、BS11の0時のEITドロップ(仕様なので無害)を除いてドロップは0です。

デメリット

入手性

ドイツ製で日本で販売されていないので、個人輸入する必要があります。

しかしPayPalを使えば安全に決済できますし、必要事項も入力してくれるので難しくありません。

こちらの記事を参考にしてください。

高価

ユーロ/円レートで価格は変動しますが、3万円以上します。

スカパープレミアムの視聴環境がない場合は高いと思います。

衛星は4本繋ぐ必要がある

地デジはケーブル1本で済みますが、衛星は4本繋ぐ必要があります。

私は4分配器を買って対応しました。

まとめ

私はスカパープレミアムの視聴環境がないので買うか迷いましたが、安定性を求めて買ってみました。

使ってみたら非常に安定しており満足しています。

4チューナーだとたまに足りなくなるので、もう1枚買ってもいいかもしれません。
その時はまた記事を書きたいと思います。

関連記事

DD Max M4の購入方法
地デジ/BS/CS/スカパープレミアムx4を録画できるTVチューナーです。 ドイツ製で日本で販売されていないので、個人輸入する必要があります。 PayPalのアカウント作成 海外の通販サイトにクレジットカード情報を知られず...
DD Max M4でTS抜き
地デジ/BS/CS/スカパープレミアムx4を録画できるTVチューナーです。 4チューナーは組み合わせ自由なので、地デジx4やBS/CSx4などの使い方ができます。 取り付け 地デジ用端子はPALなのでF型への変換コネクタを...

コメント

タイトルとURLをコピーしました