DD Max M4のiniファイルの書き方

TS抜き

BDASpecial-DDに入っているBonDriver_MaxM4-sample.iniをもとに作成します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

[Tuner]

FriendlyName

チューナーデバイスの指定です。

以下にすべての種類が書かれているので参考になると思います。

Max M4 / Max S8 / Max SX8 - Pastebin.com

例えばISDB-TとISDB-Sなら以下のように書きます。

FriendlyName0="Digital Devices ISDB-T Tuner 1"
FriendlyName1="Digital Devices ISDB-S Tuner 1"

2つ目のiniファイルからは末尾の数字を増やします。

FriendlyName0="Digital Devices ISDB-T Tuner 2"
FriendlyName1="Digital Devices ISDB-S Tuner 2"

CaptureFriendlyName

キャプチャデバイスの指定です。

以下の4つのみです。

Digital Devices TS Capture 1
Digital Devices TS Capture 2
Digital Devices TS Capture 3
Digital Devices TS Capture 4

FriendlyName0 / CaptureFriendlyName0 の組合せ
FriendlyName1 / CaptureFriendlyName1 の組合せ
で検索されるので、末尾の数字はチューナーデバイスと合わせるようにします。

FriendlyName0="Digital Devices ISDB-T Tuner 1"
FriendlyName1="Digital Devices ISDB-S Tuner 1"
CaptureFriendlyName0="Digital Devices TS Capture 1"
CaptureFriendlyName1="Digital Devices TS Capture 1"

CheckDeviceInstancePath

TunerとCaptureのデバイスインスタンスパスが一致しているかの確認を行うかどうかの設定です。

一致しないので確認は不要です。

CaptureFriendlyNameの下あたりに書くといいと思います。

;;; Digital DevicesのTunerとCaptureはDeviceが異なるのでDeviceInstancePathをチェックしないようにする
CheckDeviceInstancePath=0

DVBSystemType

チューナーの使用するTuningSpaceの種類を指定します。

DVB-S/DVB-S2
DVB-T
DVB-C
DVB-T2
ISDB-S
ISDB-T
ISDB-C
ATSC
ATSC Cable
Digital Cable

; FriendlyNameで指定したチューナーの種類に合ったDVBSystemTypeを指定してください
DVBSystemType0="ISDB-T"
DVBSystemType1="ISDB-S"

[Satellite]

衛星設定の自動生成を行うかどうかの設定です。

[Satellite]
; 使用する衛星受信パラメータを全て定義
Satellite1SettingsAuto="BS/CS110"
Satellite2SettingsAuto="JCSAT-3"
Satellite3SettingsAuto="JCSAT-4"

JCSAT-3とJCSAT-4はスカパープレミアム用の設定です。

不要な行の先頭に;を付けます。

[Modulation]

変調方式設定の自動生成を行うかどうかの設定です。

[Modulation]
; 使用する変調方式パラメータを全て定義
ModulationType0SettingsAuto="ISDB-T"
ModulationType1SettingsAuto="ISDB-S"
ModulationType2SettingsAuto="DVB-S"
ModulationType3SettingsAuto="DVB-S2"
ModulationType4SettingsAuto="J.83C-64QAM"
ModulationType5SettingsAuto="J.83C-256QAM"
ModulationType6SettingsAuto="J.83B-Opticast"
ModulationType7SettingsAuto="J.83B-64QAM"
ModulationType8SettingsAuto="J.83B-256QAM"

ISDB-T:UHF/CATV
ISDB-S:BS/CS110
DVB-S:スカパープレミアムDVB-S
DVB-S2:スカパープレミアムDVB-S2
J.83C-64QAM:ISDB-Cトランスモジュレーション64QAM
J.83C-256QAM:ISDB-Cトランスモジュレーション256QAM
J.83B-Opticast:スカパープレミアム光256QAM
J.83B-64QAM:J.83 Annex-B 64QAM
J.83B-256QAM:J.83 Annex-B 256QAM

不要な行の先頭に;を付けます。

[TuningSpace00]

チューニング空間の設定です。

[TuningSpace00]~[TuningSpace05]まであるので、不要な行の先頭に;を付けます。

スカパープレミアムはデフォルトでは無効になっているので、使用する場合は以下のように先頭の;を外します。

; スカパー!プレミアムサービス(124/128度CSアンテナ)
[TuningSpace05]
DD_SelectStandard="DVB-S2"
;
;;;;    DD_LNBPowerMode
; チューニング空間毎にLNB 給電モードを指定できます([DD]セクションの LNBPowerOff 設定よりこちらが優先)
;  指定できる値
;    "Off"
;    "13V"
;    "18V"
;    "Auto"
DD_LNBPowerMode="Auto"
TuningSpaceName="スカパー"
ChannelSettingsAuto="SPHD"

コメント

タイトルとURLをコピーしました