radi-sh版BonDriverをVS2019でビルドする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TS抜き
スポンサーリンク
スポンサーリンク

VS2019のインストール

こちらの記事を参考にしてください。

BonDriver_BDAの入手

GitHubからソースをダウンロードします。

サブモジュールの配置

GitHubの「Windows-classic-samples @ ~」と「muparser @ ~」をクリックして、ソースをダウンロードします。

BonDriver_BDA-master\3rdParties\muparser に「muparser-~」フォルダの中身を入れます。

BonDriver_BDA-master\3rdParties\Windows-classic-samples に「Windows-classic-samples-~」フォルダの中身を入れます。

GitHubの「common @ ~」をクリックして、ソースをダウンロードします。

BonDriver_BDA-master\common に「BonDriver_BDA-CommonLibs-~」フォルダの中身を入れます。

BDASpecialプラグインの配置

BDASpecial-PlexPX

GitHubからソースをダウンロードします。

「BdaSpecials」フォルダを「BonDriver_BDA-master」フォルダに入れます。

GitHubからRijndael4plexのソースをダウンロードします。

「aes」フォルダを「BonDriver_BDA-master」フォルダに入れます。

BDASpecial-IT35

GitHubからソースをダウンロードします。

「BdaSpecials」フォルダと「CardReader」フォルダを「BonDriver_BDA-master」フォルダに入れます。

BDASpecial-DD

GitHubからソースをダウンロードします。

「BdaSpecials」フォルダを「BonDriver_BDA-master」フォルダに入れます。

BDASpecial-LWire

GitHubからソースをダウンロードします。

「BdaSpecials」フォルダを「BonDriver_BDA-master」フォルダに入れます。

ビルド

BonDriver_BDA.slnをダブルクリックします。

「Debug」を「Release」に変えます。

「ビルド」から「ソリューションのビルド」をクリックします。

失敗が0ならビルド完了です。

Win32\Release にファイルが出来上がっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました