DD Max M4でTS抜き

TS抜き

地デジ/BS/CS/スカパープレミアムx4を録画できるTVチューナーです。

4x multi-band tuner TV Card - DD Max M4
Digital Devices Max M4 Multituner TV Card - the all-rounder for satellite, cable or terrestrial reception A 4-fold multi-band tuner HD TV Card / Tuner Card for ...

4チューナーは組み合わせ自由なので、地デジx4やBS/CSx4などの使い方ができます。

スポンサーリンク

取り付け

地デジ用端子はPALなのでF型への変換コネクタを付けます。
DD Max M4と一緒に購入しておくのがおすすめです。

PCI-Expressに取り付けます。

端子は5つありますが、真ん中に地デジを、それ以外にBS/CSかスカパープレミアムを繋げます。

BS/CSのみでも4本繋げる必要があります。

ドライバのインストール

Digital DevicesのサイトからOSに合わせて32bit版か64bit版をダウンロードします。

「Weiter」をクリックしていけばインストールは完了します。

DD Control Centerの設定

スタートメニューの「Digital Devices」にある「DDControlCenter」をクリックします。

「Tuner」メニューでチューナーごとに使用するものにチェックを入れて「Save」をクリックします。

私はスカパープレミアムの視聴環境がないので、ISDB-S(BS/CS)とISDB-T(地デジ)にチェックを入れました。

PCを再起動します。

BonDriverの準備

BonDriver_BDABDASpecial-DDをダウンロードします。

BonDriver_BDAの x86\Release にあるBonDriver_BDA.dllを4つにコピーして以下のようにリネームします。

BonDriver_MaxM4_0.dll
BonDriver_MaxM4_1.dll
BonDriver_MaxM4_2.dll
BonDriver_MaxM4_3.dll

BDASpecial-DDのBonDriver_MaxM4-sample.iniを4つにコピーして以下のようにリネームします。

BonDriver_MaxM4_0.ini
BonDriver_MaxM4_1.ini
BonDriver_MaxM4_2.ini
BonDriver_MaxM4_3.ini

x86\Release にあるDD.dllをBonDriverと同じフォルダに配置して使用します。

iniファイルの編集

地デジ/BS/CSx4で運用する場合の書き方です。

BonDriver_MaxM4_0.ini

[Tuner]を以下のように書き換えます。

[Tuner]
FriendlyName0="Digital Devices ISDB-T Tuner 1"
FriendlyName1="Digital Devices ISDB-S Tuner 1"
CaptureFriendlyName0="Digital Devices TS Capture 1"
CaptureFriendlyName1="Digital Devices TS Capture 1"
;;; Digital DevicesのTunerとCaptureはDeviceが異なるのでDeviceInstancePathをチェックしないようにする
CheckDeviceInstancePath=0
Name="MaxM4"
UseSpecial="DD"
; FriendlyNameで指定したチューナーの種類に合ったDVBSystemTypeを指定してください
DVBSystemType0="ISDB-T"
DVBSystemType1="ISDB-S"
; NetworkProviderはGeneric Network Providerを使用
NetworkProvider="Microsoft Network Provider"

BonDriver_MaxM4_1.ini

[Tuner]を以下のように書き換えます。

[Tuner]
FriendlyName0="Digital Devices ISDB-T Tuner 2"
FriendlyName1="Digital Devices ISDB-S Tuner 2"
CaptureFriendlyName0="Digital Devices TS Capture 2"
CaptureFriendlyName1="Digital Devices TS Capture 2"
;;; Digital DevicesのTunerとCaptureはDeviceが異なるのでDeviceInstancePathをチェックしないようにする
CheckDeviceInstancePath=0
Name="MaxM4"
UseSpecial="DD"
; FriendlyNameで指定したチューナーの種類に合ったDVBSystemTypeを指定してください
DVBSystemType0="ISDB-T"
DVBSystemType1="ISDB-S"
; NetworkProviderはGeneric Network Providerを使用
NetworkProvider="Microsoft Network Provider"

BonDriver_MaxM4_2.ini

[Tuner]を以下のように書き換えます。

[Tuner]
FriendlyName0="Digital Devices ISDB-T Tuner 3"
FriendlyName1="Digital Devices ISDB-S Tuner 3"
CaptureFriendlyName0="Digital Devices TS Capture 3"
CaptureFriendlyName1="Digital Devices TS Capture 3"
;;; Digital DevicesのTunerとCaptureはDeviceが異なるのでDeviceInstancePathをチェックしないようにする
CheckDeviceInstancePath=0
Name="MaxM4"
UseSpecial="DD"
; FriendlyNameで指定したチューナーの種類に合ったDVBSystemTypeを指定してください
DVBSystemType0="ISDB-T"
DVBSystemType1="ISDB-S"
; NetworkProviderはGeneric Network Providerを使用
NetworkProvider="Microsoft Network Provider"

BonDriver_MaxM4_3.ini

[Tuner]を以下のように書き換えます。

[Tuner]
FriendlyName0="Digital Devices ISDB-T Tuner 4"
FriendlyName1="Digital Devices ISDB-S Tuner 4"
CaptureFriendlyName0="Digital Devices TS Capture 4"
CaptureFriendlyName1="Digital Devices TS Capture 4"
;;; Digital DevicesのTunerとCaptureはDeviceが異なるのでDeviceInstancePathをチェックしないようにする
CheckDeviceInstancePath=0
Name="MaxM4"
UseSpecial="DD"
; FriendlyNameで指定したチューナーの種類に合ったDVBSystemTypeを指定してください
DVBSystemType0="ISDB-T"
DVBSystemType1="ISDB-S"
; NetworkProviderはGeneric Network Providerを使用
NetworkProvider="Microsoft Network Provider"

全ファイル共通

[Satellite]でBS/CS110以外の行の先頭に;を付けます。

[Satellite]
; 使用する衛星受信パラメータを全て定義
Satellite1SettingsAuto="BS/CS110"
;Satellite2SettingsAuto="JCSAT-3"
;Satellite3SettingsAuto="JCSAT-4"

[Modulation]でISDB-TとISDB-S以外の行の先頭に;を付けます。

[Modulation]
; 使用する変調方式パラメータを全て定義
ModulationType0SettingsAuto="ISDB-T"
ModulationType1SettingsAuto="ISDB-S"
;ModulationType2SettingsAuto="DVB-S"
;ModulationType3SettingsAuto="DVB-S2"
;ModulationType4SettingsAuto="J.83C-64QAM"
;ModulationType5SettingsAuto="J.83C-256QAM"
;ModulationType6SettingsAuto="J.83B-Opticast"
;ModulationType7SettingsAuto="J.83B-64QAM"
;ModulationType8SettingsAuto="J.83B-256QAM"

[TuningSpace03]以降のすべての行の先頭に;を付けます。

;[TuningSpace03]
;DD_SelectStandard="ISDB-C"
;TuningSpaceName="TransModulation"
;ChannelSettingsAuto="TransModulation"
;ChannelSettingsAutoOptions="Only64QAM,All"

; スカパー!プレミアムサービス光(フレッツ・テレビ)
;[TuningSpace04]
;DD_SelectStandard="J.83B"
;TuningSpaceName="HIKARI"
;ChannelSettingsAuto="Opticast"
;ChannelSettingsAutoOptions="All"

; スカパー!プレミアムサービス(124/128度CSアンテナ)
;[TuningSpace05]
;DD_SelectStandard="DVB-S2"
;
;;;;    DD_LNBPowerMode
; チューニング空間毎にLNB 給電モードを指定できます([DD]セクションの LNBPowerOff 設定よりこちらが優先)
;  指定できる値
;    "Off"
;    "13V"
;    "18V"
;    "Auto"
;DD_LNBPowerMode="Auto"
;TuningSpaceName="スカパー"
;ChannelSettingsAuto="SPHD"

LNB給電

iniファイルのLNBPowerOffをNOに書き換えます。

;;;;    LNBPowerOff
; LNB給電を行う場合はNOにする(海外仕様13V/18Vなので注意してください)
LNBPowerOff=NO

地デジのチャンネルスキャン時間の短縮

地デジをUHFアンテナで受信している場合は不要なチャンネルスキャンを省略できます。

iniファイルの[TuningSpace00]にある以下の部分の上3行の先頭に;を付けて、下3行の先頭の;を外します。

;TuningSpaceName="PassThrough"
;ChannelSettingsAuto="PassThrough"
;ChannelSettingsAutoOptions="All"
; 地デジアンテナ、同一周波数パススルー方式のケーブルテレビの場合、上記3行を下記のように書替えると不要なチャンネルのスキャンに要する時間を省けます
TuningSpaceName="UHF"
ChannelSettingsAuto="UHF"
ChannelSettingsAutoOptions=""

コメント

  1. roiroi より:

    チューナーデバイスとキャプチャデバイスは必ず1:1で指定しないと余計な検索が増えます

    [Tuner]
    Guid0={8b884e50-fbca-11de-b16f-000000004d56}
    Guid1={8b884e20-fbca-11de-b16f-000000004d56}
    FriendlyName0=”Digital Devices ISDB-T Tuner 1″
    FriendlyName1=”Digital Devices ISDB-S Tuner 1″
    CaptureGuid0={8b884ef0-fbca-11de-b16f-000000004d56}
    CaptureGuid1={8b884ef0-fbca-11de-b16f-000000004d56}
    CaptureFriendlyName0=”Digital Devices TS Capture 1″
    CaptureFriendlyName1=”Digital Devices TS Capture 1″

    ;;; Digital DevicesのTunerとCaptureはDeviceが異なるのでDeviceInstancePathをチェックしないようにする
    CheckDeviceInstancePath=0

    [BonDriver]
    DebugLog=YES

    にして上記設定とのログを比較してもらえればわかります
    Digital Devicesのカードを複数枚使うう場合はログを見て上記よりもっと上位までGuidを指定することで個別にチューナーを指定出来ます

タイトルとURLをコピーしました