Amatsukazeでエンコード後にTSファイルを移動しない

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンコード

「succeeded」フォルダか「failed」フォルダにTSファイルが移動しないようにする方法です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バッチファイルの準備

以下を拡張子を.batにして保存して、Amatsukazeの「bat」フォルダに入れます。

@echo off

for /f "delims=" %%i in ("%IN_PATH%") do set IN_DIR=%%~dpi

move "%IN_PATH%" "%IN_DIR%.."

ファイル名の先頭には「実行後_」を付けます。

プロファイルの設定

「プロファイル」タブの「実行後バッチ」でバッチファイルを選択します。

.err、.program.txtも移動しない

「プロファイル」タブの「関連ファイル(*.err,*.program.txtなど)も処理」にチェックが入っている場合です。

バッチファイルに以下の2行を追加します。

move "%IN_PATH%.err" "%IN_DIR%.."
move "%IN_PATH%.program.txt" "%IN_DIR%.."

「succeeded」フォルダと「failed」フォルダの削除

バッチファイルに以下の2行を追加します。

rd "%IN_DIR%..\succeeded"
rd "%IN_DIR%..\failed"

フォルダが空でない場合は削除されません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました