BonDriverProxyExの使い方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TS抜き

BonDriverをLAN内で共有するソフトです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

必要

BonDriverProxyEx

B25デコード対応版があるので、TVTestの場合はCasProcessor.tvtpとB25.tvcasが、EDCBの場合はB25Decoder.dllが不要になります。

こちらの記事を参考にビルドしてください。

BonDriver_Proxy.dll

クライアント側で使用するBonDriverです。

こちらの記事を参考にビルドしてください。

使い方

サーバ側

BonDriverProxyEx.exeを適当なフォルダに入れます。

BonDriverProxyExのソースに入っているSample.iniをBonDriverProxyEx.iniにリネームして、BonDriverProxyEx.exeと同じフォルダに入れます。

BonDriverをBonDriverProxyEx.exeと同じフォルダに入れます。

BonDriverProxyEx.iniのADDRESSにサーバ側のアドレスを書きます。

[BONDRIVER]にチューナー空間とチャンネルの対応が同一のBonDriverを;で区切って書きます。

[BONDRIVER]
00=PX-T;BonDriver_PX_W3PE4_T0.dll;BonDriver_PX_W3PE4_T1.dll
01=PX-S;BonDriver_PX_W3PE4_S0.dll;BonDriver_PX_W3PE4_S1.dll

PX-TとPX-Sはグループ名です。

注意点としてチューナー数をBonDriverの数で判断しているらしいので、BonDriverはコピー&リネームしてチューナー数分用意するようにしてください。

[OPTION]にB25デコード処理を書きます。

; B25デコードをする=1 しない=0(デフォルト)
B25=1
; NULLパケットを除去する=1(デフォルト) しない=0
STRIP=1
; EMM処理をする=1 しない=0(デフォルト)
EMM=1

BonDriverProxyEx.exeをダブルクリックして起動すると、タスクトレイに格納されます。

アイコンをクリックすると「情報ウィンドウ表示」「ini再読み込み」「終了」ができます。

クライアント側

BonDriver_Proxy.dllを2つにコピーして、以下のようにリネームします。

BonDriver_Proxy_S.dll
BonDriver_Proxy_T.dll

BonDriverProxyEx.iniを2つにコピーして、以下のようにリネームします。

BonDriver_Proxy_S.ini
BonDriver_Proxy_T.ini

[OPTION]のBONDRIVERにBonDriverのグループ名を書きます。

BONDRIVER=PX-T
CHANNEL_LOCK=0

CHANNEL_LOCKの値はチャンネル変更の優先度を表しています。
0~255の値を設定できて、大きな値ほど高い優先度になります。

録画ソフト(EDCBなど)では255(排他ロック)にして、それ以外は254以下にするのがおすすめです。

スタートアップに登録

BonDriverProxyEx.exeは常駐させておく必要があるので、スタートアップに登録するのがおすすめです。

BonDriverProxyEx.exeを右クリックして「ショートカットの作成」をクリックします。

エクスプローラーのアドレスバーに以下を入力、移動してショートカットを入れます。

%APPDATA%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

iniファイルの詳細設定

BonDriverProxyのソースに入っているini_info.txtに設定項目が書いてあります。

それぞれ説明が書いてあるので、参考になると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました